“ホンモノの経営とは何か?”というテーマに切り込んでいく内容のセミナー第二弾です。
前回のvol1ではPMCコンサルティングの中野会長をゲスト講師にお呼びし、弊社代表の上間とのコラボセミナーで”経営とは何か?”というテーマでお伝えしました。

今回はその第二弾として、実際に経営に取り組む沖縄の若き経営者お二人をゲストにお呼びして、どのように経営者に成っていったのかリアルな体験を語っていただきます!

テーマは”家族経営の苦難から始まった逆転劇”です。
ゲスト講師は県内で車両整備業で成長著しい『(有)兼城自動車整備工場』の兼城力也社長と沖縄の農業界に若い力と革新的なビジョンでイノベーションを起こしている『(株)IKEHARA』の池原公平社長をお呼びしました。

日本では多くの企業が血縁によって継続される家族経営で構成されています。
しかしながら、多くの家族経営は商売から経営への転換がうまく行えず苦境にあえいでいたり、大きな成長を遂げられていないのが現状です。
そんな中、苦難の状態に陥った家族経営をどん底から立て直し、経営者へと成長していった経緯をお二人に語っていただきます!
兼城社長はアメリカに留学後、グローバル企業の中国支社の立ち上げを成功させるなど若くしてキャリアを積み活躍していたところ、家業の自動車整備工場が苦境に陥っている事を知り、中国での成功と私財を投げうって家業の立て直しに入ります。

スタッフのほとんどが家族で構成される環境で若い兼城社長は当初なかなか信頼を勝ち取れず苦戦していましたが、根気強く問題と向き合い、家業の大きな問題だった財務を立て直す事に成功し信頼を勝ち取ります。

そこからは新規事業の立ち上げ、マーケティング展開と売上・利益率を劇的に改善するなどまさに苦難からの大逆転を達成されました。

池原社長は県内でも大手の菊農家の長男として生まれ。当初別の夢を追いかけており、父の農業は苦しいことを知りつつも継ぐつもりではありませんでした。
しかし農業の課題に家族をはじめ地域の仲間達に支えられ家業を継ぐことを決意。
衰退する農業に対して新たな価値観や経営的な手法が足りないことを痛感し、これを変えていこうと実践に動きます。
高齢化が進む農業ですが、池原社長のチームは非常に若く活気に溢れています。
よく農業はキツイ、汚い、苦しいの3Kの仕事と言われますがそれをかっこいい、かしこい、かんがえるの新しい3Kに変えるべく意識改革に着手。
実務では生産計画を緻密に練り上げ農業特有の長時間労働を減らし生産性向上を強く意識した取り組みや
農業最大の課題でもある自然災害に対する科学的なアプローチでの問題解決なども取り組んでいます。
これから間違いなく沖縄の農業に大きな革新をもたらす異色の若手経営者です!

さらにアンコールの声に応え、若手経営者2名に加え弊社代表 上間と中野会長が再度登壇し4名の経営者によるコラボセミナーとなります。
経営は非常に高度な専門職です。

経営の知識はもちろんの事、リアルな経験から語られる内容はそれ以上に深い気づきを与えてくれます。
“分かる”と”できる”の間には大きな溝があります。
その溝を乗り越えた若い経営者たちのリアルなストーリー。

今回はその経営の原理原則や基本について徹底的に語り尽くす内容です。
若いエネルギーと長年の豊富な経験と知識、実践に裏付けられた本物の経営哲学に触れるチャンスです。
ぜひご一緒に経営について本質的な理解を深めて、沖縄の経済をより活力あるものに変えていきましょう!

皆さんのご参加お待ちしております。

講師紹介

中野 善夫(Nakano Yoshio)

プロフィール
PMC株式会社 代表取締役会長兼CEO
株式会社なかの経営 代表取締役

1955年4月17日 北海道岩内町生まれ。1977年に中央大学を卒業後、中野会計事務所に入所。会計事務所の経営にも携わりながら、1985年には中野会計事務所コンサルティング部門として、株式会社マス研を設立し本格的なマネジメント・コンサルティングをスタートさせる。、2007年にはPMC株式会社を設立。
現在では、中野会計事務所・日本相続知財センター札幌・PMC株式会社を含めた中野会計グループのCEO(最高経営責任者)として、自ら経営を実践する一方で、30年以上もの間、流通・サービス・建設・製造業の中堅中小企業に対して、経営戦略の立案と遂行の実践的コンサルティング業務を展開。支援先企業は、上場企業や株式公開準備企業から、中小企業まで多岐に渡っている。
経営戦略立案・生産性向上・歯科医院経営改善・ISO認証取得コンサルティングでは日本トップクラスの実績を持つ。現場での実践指導による成果創出に徹底して取り組むコンサルティングスタイルを基本とし、これまでのコンサルティング指導先企業は一般企業で570社・歯科医院で470医院を超える。
また、自社・他社開催のセミナーでの講師としても、全国各地で200回以上実施している。

池原 公平(Ikehara Kohei)

プロフィール
株式会社IKEHARA
SUNSET FARM

2006年 父である師匠に弟子入り
2013年 経営者としてスタート
2015年 法人化
現在の年間売上は約1億

会社理念である
ありがとう、ごめんなさい、謙虚、素直をメンバー全員で共有し
農業の新たな3K
⚫︎カッコイイ
⚫︎かしこい
⚫︎かせぐ
の徹底追求へ

兼城 力也(Kanedhiro Rikiya)

プロフィール
有限会社 兼城自動車整備工場 代表取締役社長

大学:2008年 セントラルワシントン大学卒業 シアトル
経歴:2008年 グローバルトランスポテーションインク就職 シアトル
2009年 グローバルトランスポテーションインク 中国青島店
2011年 有限会社 兼城自動車整備工場 入社
2012年 有限会社 兼城自動車整備工場 代表就任

高校を卒業後、経営学を学ぶためシアトルへ留学。卒業後はシアトルにある物流会社グローバルトランスポテーションインクに就職。その後リーマンショックの影響を受け、全米14支店あった店舗を7店舗に縮小する代わりに、一部機能を中国青島へ移動。
その中国青島支店の立ち上げから、チーム編成、トレーニング、及び管理を2年間勤めた。後に家業であった自動車整備業の不安定な業績を知り、家業に身を置くことに決める。海外での経験を活かした経営をという気持ちとは相反し、資金問題、人事問題、親族経営問題、集客、生産、経営において全てがうまくいかない日々が2年以上続く。
その中で「経営とはなにか」を学ぶ機会を頂き、徐々に経営が安定。今期3月決算で売上は入社時の9倍となる見込みである。

上間 喜壽(uema yoshikazu)

プロフィール
株式会社上間フードアンドライフ 代表取締役
U&I株式会社 代表取締役

1985年 沖縄県うるま市生まれ
法政大学経済学部卒

大学卒業後、財務トラブルに陥った家業のお弁当総菜店の立て直しのため代表に就任。
約2億の負債を抱えた状態から経営をスタート。
就任後7年で売上を1億から約5倍の5億まで増やし、スタッフも総勢70名を超えるまでに成長。店舗も5店舗を展開し、ケータリング事業もスタート。
別会社ではマネジメントコンサルティングとシステムを用いて経営課題の解決を支援する事業を展開している。「沖縄の文化を守り、伝え、発展させていく」というミッションを達成するため日々経営者として奮闘中。

セミナースケジュール

タイムテーブル
12:30
受付開始
13:00
オープニングトーク
13:15
池原社長セッション
14:00
休憩
14:05
兼城社長セッション
14:50
休憩
15:00
弊社代表 上間セッション
15:15
中野会長セッション
16:55
休憩
17:00
4者パネルディスカッション
17:30
質疑応答
17:50
終了
懇親会(※会場は当日ご案内いたします。)

開催会場:那覇市IT創造館 ※メカル45隣りの建物

那覇市銘苅2-3-6

那覇市IT創造館はモノレール古島駅から徒歩8分、なは市民協働プラザの隣にあります

2018年2月25日(日)13:00〜18:00
(12:30受付開始)

¥5,000(税込)

※事前振込み必須
※定員: 40名
※上記価格は税込みです。
※領収書が必要な方は当日会場にて発行致します。
※懇親会費は別途¥3,500。

申し込む

満員御礼につき、申込を締め切らせていただきました。
ありがとうございました。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

キャンセル待ちの方のためにも、当日の無断欠席はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
キャンセルの際は、メールまたはお電話にてご連絡ください。

お問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせ・ご質問はお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。